メモ用紙に裏紙を使用して紙を節約

以前働いていた会社では、メモ用紙に裏紙を使用していました。どの社員の机の上にも裏紙がのせてあり、電話などを受けた時はそれを使用していました。書きやすいように小さく切る人、そのまま使用する人など様々でした。紙がバラバラにならないように、クリップで止めることは広く行われていました。
プリンターの設定のせいなのか注意力が足りないのか、全体的にミスプリントが多かったです。あまりに多いのでミスプリント用の専用の箱が用意されていました。ミスプリントをしたら箱にいれるように決まっていました。
不思議な会社だなと思いながら働いていると、新しく来た役員がミスプリントの多さに気付きました。そして毎日のように「紙を無駄にするな」と怒鳴るようになりました。一応効果はあったのか、社員全員で気を付ける様になり、だんだんとミスプリントの数は減っていきました。最後の方はミスプリントが少なくて、メモ用紙を入手するのが困難になりました。ミスプリントが減ったので、ゴミの数は減りました。OHSMSを取得していたとは言え、残業がとても多い会社でしたが、残業するときは仕事をしている人の真上しか電気をつけないようにして、節電には力をいれていました。