社内で利用する書類は裏紙を使って節約

私は介護の消耗品を取り扱う会社で事務員をしています。
毎日、たくさんの書類を印刷しているのですが、私のいる部署では基本的にその書類は倉庫で作業をしてくれるパートスタッフに配っています。

 

私の部署の事務室には、裏が白いA4サイズのコピー用紙を入れるボックスを設置していて、ミスコピーや、不要になった書類などをそこのボックスに各自が放り込むようにしています。

 

たまった用紙は、ヒマな事務員がコピー面にペンで大きくバッテン印を書いて、コピー機にセットします。

 

コピー機には二種類の用紙を入れられるようにトレイが分かれているので、一つのトレイにはキレイなコピー用紙を、もうひとつのトレイには裏紙をセットします。
社内書類を印刷するときは、気をつけて、裏紙のトレイから印刷をかけます。

 

不要面にはバッテン印を書いているので、読むほうはどちらの面を読めばいいか分かるようになっています。
この方法で、ウチの部署はだいぶコピー用紙代が浮きました。それに、ゴミも減ったのでラクになりました。
社内でしか回さない書類なので、情報が漏れたりするようなミスもありません。ISO27001の内部監査員もきっちり機能しています。